CB400SF Revoのある生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大型二輪 免許取得

今日の午前に大型二輪の卒業検定に合格しましたので、午後に免許の書き換え(併記)に行ってきました。

電車を乗り継いで東陽町の江東運転免許試験場に到着。2番窓口で書類を提出し、0番で手数料を支払い、7番で視力検査(適性検査)、8番で合格の判をもらい、ふたたび2番に書類を提出し、暗証番号を設定し、10番で写真を撮影し、再度2番に書類を提出し、1番で半券を受け取って4階へ移動。小一時間ほどで新しい免許証を取得しました。

今回の書き換えで普通二輪と大型二輪の併記となり、有効期限が1年先になり、色も緑から青になりました。二輪の最上位の免許を取得したことになりますので、これまで以上に模範的な安全運転を心掛けたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/11(木) 19:58:10|
  2. 免許
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大型二輪 卒業検定

先々週から開始した大型二輪の教習ですが、いよいよ卒業検定の日を迎えました。ちょっと興奮して05:00に目が醒め、身支度を整えて07:42の送迎バスに乗り、レインボーへ。集合時間08:30の10分前に到着し、掲示されている内容に従ってプロテクタ等を準備して待機。今日の検定コースは1番、つまりS字への進入が難しくないAコース+課題走行でした。ラッキーです。受験番号は7、2グループ目の3番目です。ちなみに今日の受検者は大型二輪が9名、普通二輪が3名でした。

時間になったら検定員から諸々の説明があり、その後にグループに分かれて免許証を確認し、さっそく検定開始です。3番目なので軽くストレッチをしながら順番を待ちます。皆さん順調なようです。そうしているうちに自分の順番が回ってきました。この時はやっぱり緊張します。

教習で習った正しい手順で発進。検定用の車両は普段の教習車とは別の車両で(車種はCB750で同じです)、クラッチは重すぎず、ギアも素直に入りやすく、2速のアクセル開閉で無駄にガクガクすることもなく、ブレーキの効きも素直で急制動でリアをロックする心配もなさそう。いい感じです。

まずは法規走行。特に問題なくパスできたのではないでしょうか。引き続き課題走行。最後まで課題だったスラロームでアクセルを開くタイミングを合わせられず、ギクシャクした走りになってしまいました。他の課題は問題なくパスできたと思います。

検定コースを回り終え、手順に従って停車、降車し、検定員からの講評を聞きます。課題走行では案の定スラロームでアクセルを開くタイミングが遅かった、との指摘がありました。法規走行では左折時にやや膨らむ傾向があるので公道では注意されたし、とのことでした。他に問題となるポイントはなかったようなので、あまり心配する必要はなさそうです。

待機場所を本館の教室へ移動し、検定の結果を待ちます。そして結果発表。無事、合格しました。しかも今日は12名全員合格です。これは滅多にないことだそうで、検定員も嬉しそうでした。その後、初心運転者期間その他諸々の説明を受け、卒業証明書を受け取り、解散となりました。

想定していたよりも早い時間に終わったので、もう今日のうちに免許の書き換えまでしちゃいましょう。

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/11(木) 19:07:01|
  2. 免許
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大型二輪 技能教習 2段階6,7

いよいよ大型二輪の教習最終日です。6コマ目は見極め直前の最終的な仕上げです。まずは課題走行を行い、その後に法規走行の練習、最後に不等間隔のスラロームとUターンの練習を行いました。

スラロームと一本橋ではステップ荷重を意識しましたが、前者はむしろアクセルを開くタイミングの方が問題のようです。後者はおおむね問題なく行けるようになりましたが、意識しないと8秒ぐらいで通り抜けてしまいがちです。急制動はリアブレーキのよく効く車体だったため、何度かリアをロックしてしまいました。目標の11m内で止められればOKなので、リアをあまり強くし過ぎないよう注意が必要です。波状路では屁っ放り腰になりがちなので、腰を引きすぎず、正しい姿勢を意識しなければなりません。

法規走行では、S字への進入もクランクを意識して半クラで問題なく入れるようになりました。交差点の先の停止位置(複数台停車できない)もしっかり守ることができました。ただ、ギアをローに入れ忘れてしまうことが何度かあったので、これは忘れないようしっかり意識しなければなりません。

そして7コマ目、二段階の見極めです。まず課題走行。スラロームでアクセルを開くタイミングが次第に遅くなるためにリズムよく進めなくなりがちなので、この点は要注意です。他の課題はいつも通りで問題ないでしょう。法規走行も特に問題なく(1回コースを間違えてしまいましたが……)、無事に見極めをパスしました。

明日はいよいよ卒業検定です。明朝08:30集合なので、今日は早めに寝て明日に備えたいと思います。

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/10(水) 23:09:26|
  2. 免許
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大型二輪 技能教習 2段階4,5

今日は実施枠が決まっているシミュレータ演習の時間に合わせて、午後からの教習でした。

4コマ目は認知・判断・操作の体験の後にS時・クランク・波状路(一本橋)の練習と自由走行、課題走行の練習でした。最初に乗った教習車の調子が悪く、一度エンジンを切ると押し掛けしないと再始動しないというポンコツ(すみません)だったため、教習の途中で別のバイクと交換しましたが、こちらはクラッチレバーの位置が微妙に下でちょっと扱いづらかったです。

あと、今回の大型の教習で始めて転んでしまいました。S字に左折で入るところでスピードが出すぎてしまい、縁石に前輪を擦りながら右側にコテン。教官からはクラッチを使ってクランクの要領でコースに入るよう助言してもらい、その通りにすることで危げなく対応できるようになりました。なお、初の大型車の引き起こしは問題なく出来ました。

5コマ目はシミュレータ演習。教官と1対1でした。前半は教本とコース図を使って1段階のおさらいと法規走行・課題走行の難所のポイントを、後半はシミュレータで危険を予測した運転の演習でした。法規走行では、一つ前のコマで私もコケたS字に入るところが一つのヤマ場らしく、先日の卒検でもここで不合格になった人が複数人いたとのこと。他には加減速のメリハリやウィンカーの点灯・消灯のタイミング、信号機(黄色信号)の通過の判断などを確認しました。

課題走行では、何より一発不合格にならないよう無難に課題をパスできるよう残り時間で技術を磨くよう言われました。頑張り過ぎても卒検では加点されることはないという訳です。一本橋やスラロームではステップ荷重を意識することでより安定させられること、波状路では脱輪に気を付けること、急制動では頑張り過ぎないこと、などなど。勉強になりました。

後半のシミュレータ演習は普通二輪の時と同じです。最初の最初でGSから飛び出て来た車に跳ねられてしまいましたが、その後は無難にスルーすることができました。一般道での400ccの経験が多少は役に立ったようです。

さて、いよいよ明日は2段階6コマ目と7コマ目、2段階の見極めです。この季節は他の教習車が非常に少なく(今日の4コマ目は10人いるかいないか)、コース内で渋滞が発生せずにみっちり練習できるのが嬉しいですね。

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/09(火) 22:23:41|
  2. 免許
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大型二輪 技能教習 2段階2,3

今日から三日連続で教習の予定です。今日は二段階の2コマ目、3コマ目でした。風が強く、教官の声を聞こえやすくするためにシールドを上げっぱなしにしていたら、終始目がウルウル状態でありました。

さて、2コマ目は法規走行のBコースと波状路でした。波状路は始めてでしたが、リズムよく進むことができません。半クラを繋ぎすぎて段差を2・3個通過してしまいます。脱輪こそしなくなったものの、もっと練習が必要です。

3コマ目は高速度でのカーブ、カーブでの障害物回避、追突の疑似体験、リーンウィズ・リーンアウト・リーンインの練習をした後に急制動(と一本橋)の練習でした。車重の違いによる制動力の違いを体験するために久し振りにCB400SFに乗りましたが(先週・先々週とプライベートでバイクに乗れていません)、あれ? CB400SFってこんなに小さかったっけ? と感じました。CB750に比べて加速も弱い感じで、大型に乗っている人がやたらと大型を勧める気持ちが分からないでもないです。

それはそれとして、明日は二段階の4コマ目、5コマ目です。5コマ目はシミュレータ演習です。
続きを読む

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/09(火) 00:06:15|
  2. 免許
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。